-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-28 (Wed)

頂いた拍手へのお返事です。


〈02/22にコメント頂いた方〉
>男・防衛者 胸の大小で差別した覚えはありませぬ

すばらしい…!
防衛者の鑑ですね笑顔
大きくても小さくても守る、それでこそ防衛者です。


〈02/26にコメント頂いた方〉
>Sな女主とへたれマニさまに萌えました!女主さまの鬼畜な言葉責めが素敵です…!

S女性とへたれ男性の組み合わせが好きなのです。
ルルウィさまもSな感じなので…。
ごく稀にS女性がデレるのはさらに大好物ですてれ笑顔


〈02/26にコメント頂いた方〉
>ウェブ拍手の絵がしまパンの幼女なのかと思って連打したのに、ロミ公じゃないですかー!やだー!

本当に拍手連打してしまったのか…?(ニヤリ)


〈03/04にコメント頂いた方〉
>今マニ信仰してるんですけどやめます。四コマ目のルルさまがやたらまともな常識人っぽく見えるのがなんとも。

それぐらいで信仰を失うようなら、きっと最初からマニさまへの愛が薄かったのでしょう。
真のマニ信者というものは、機械の体へと生まれ変わりマニさまのシモベとなることに無上の喜びを感じるものなのです。
…私はマニ信者ではないので知りませんが笑顔


〈03/20にコメント頂いた方〉
>拍手お礼イラストがレントンさんだけメッセージが適当なのはこれいかに

確かに、言われてみれば適当すぎですね…ぶるぶる
レントンさんに申し訳ないので、改めてレントンさんに語っていただきました。
どうぞ、ご堪能ください。

読書レントンさん

スポンサーサイト

この記事に拍手を送る

タグ : Elona 拍手

23:54  |  拍手返信  |  TrackBack(0)  |  Comment(5)  |  Top↑

2012-03-25 (Sun)

魔法中年さまから、実に麗しいマニさまとルルウィさまのツーショットイラストを頂きました。

※ルルウィさまの服装の露出度が高めなのと、カップリング要素が含まれているイラストなので、テキストリンクをはらせていただきました。これらの要素が苦手な方はご注意ください。
イラストをご覧になる方は、下記のリンクをクリックしてください。
→イラストを表示する

…ああ、マニさま…!!ルルウィさま…!!
この美しさ。
この麗しさ。
私の理想とするマニさま×ルルウィさまがここに…。
私は今、幸せですてれ笑顔

2012-03-22 (Thu)

久しぶりのプレイ日記です。
演奏旅行へと旅立つ準備が整い、向かった先はアクリ・テオラ。
アクリ・テオラといえば、目的はひとつ。
…そう。
吟遊詩人を供に 演奏スキルを鍛えるなら~
練習すべき場所は アクリ・テオラをおいて他にはない音符

ただ演奏するのも芸がないので、ついでにリフォームも済ませておきました。
リフォーム後のアクリ・テオラがこちら。

コンサートホール

なんということでしょう!
あの小部屋が多くて移動するのも不便だったアクリ・テオラが、簡潔かつ機能的なコンサートホールへと生まれ変わりました!
迷子の子猫と猫(※シャルロッテとキュゥべえに差し替えずみ)たちが、憩いの癒し空間を演出していますてれ笑顔
マニさまの祭壇も、潰さずにきちんと残しておいてあります。
(半年前の私なら、間違いなく燃やしていた…)

これからここで吟遊詩人の演奏練習です。


2012-03-19 (Mon)

今は3月半ばですが、ステマニキャンペーンは続行中です。
多分、マニさま信者が増えるまでこのキャンペーンは続きます。
…まだ、私がマニ信者ではないので続きます。

というわけで、twitterで「かっこいい」と話題になっていた英語版マニさまのセリフを描いてみました。

Heh, nice try.

英語版マニさまの祭壇乗っ取りに対する反撃セリフは「Heh, nice try.」。
日本語に訳すと「ほぉーう、惜しかったな」「へぇー、がんばったな」みたいな感じになるのでしょうか?
日本語版の「馬鹿にしてくれたじゃないか」よりも余裕がありそうでかっこいいですてれ笑顔
…マニさまの「馬鹿にしてくれたじゃないか」は、日頃からネタ担当扱いされ馬鹿にされ続けているのでシャレになっていない気がキャー

この絵を描いていて、昔、ダンジョンでマニさまの祭壇を見つけて乗っ取りを試み、失敗したのを逆恨みして執念で乗っ取ったことを思い出してしまいました(2010年01月23日の記事参照)。
あの頃は、ブログがマニ一色になってしまう日が来るなんて、思ってもいませんでした…。

2012-03-18 (Sun)

twitterに投下した、会話の流れで描いた落書きや小ネタイラストの一部です。
…マニさまばっかりです汗

2012年2月26日
新旧イラスト比較に便乗した小ネタです。2009年と2012年の絵の比較。
画像を表示する

2012年2月11日
「elonaのキャラクターでバレンタインデー」という企画の、マニさま・クミロミさま・ジュアさまのチョコ作り小説に対する支援絵として描いたものです。
elonaチョコレート


2012年3月2日
名前を入れるとランダムな結果が表示される「診断メーカー」というサービスの小ネタです。
「専用武器診断」をマニさまの名前でやってみたところ「高圧水鉄砲」という実にマニさまらしい結果が出たので、絵にしてみました。
高圧水鉄砲

2012年3月3日
アンドロイド♂&♀のデザイン。
正式版のアンドロイドのデザインが「アンドロイド」というより「ロボット」という感じであまり好きになれないので、次のマニ信者プレイ用に考えました。
アンドロイド♂&♀
絵を描くだけなら出来るのですが、これをキャラチップで再現する自信がありません…。

2012年3月16日
パートマン先任軍曹さんの素敵なツイートを見て描いたものです。
以下、パートマン先任軍曹さんの元ツイート(転載許可済み)

「そんなこんなで花言葉を覚えた マニ様は美しいアジサイをルルウィに渡す
仄かな愛情と痛烈な皮肉をこめて(「高慢」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「自慢家」「あなたは冷たい」) 」

アジサイの花言葉
…私が描くと、ルルウィさまの顔がデレてしまうので元ツイートの良さが台無しですぶるぶる

「マニさまの髪で隠れているほうの目は機械の義眼」という脳内設定が以前からあって、twitterでちょくちょくネタをつぶやいていたのですが、ようやく義眼がはっきり見えている絵を描くことができました。
ついでなので、マニさまの義眼に関する設定を追記にまとめておきます。
※ゲーム「Elona」に直接的な関わりのない個人的な二次創作設定なので、原作にない設定を不快に感じる方はご注意ください。

2012-03-15 (Thu)

昨日は、twitterでElona家庭科部ホワイトデー企画が行われ、たくさんの方々がElona関連の制作物を画像でアップして下さいました。
Elona家庭科部ホワイトデー企画については、下記のTogetterにてまとめられています。
「Elona家庭科部まとめ」 

お気づきの方も多かったかと思いますが、魔法中年さんの超大作チョコレートの下絵を、不肖ながら私が担当させていただきました。
下絵を描いたときは「こんな下絵でチョコレートにできるのだろうか…」と心配だったのですが、驚きの再現率&下絵をはるかに超える可愛さで、画像を見たときは嬉しい驚きでいっぱいでしたてれ笑顔
ちなみに下絵は、こんな感じです。

ホワイトデーチョコ下絵01

実は、チョコの下絵を描くときに「男性神は女体化」という注文つきでした笑顔
ひとりずつ並べた絵がこちら。
ホワイトデーチョコ下絵02

女神たちに関してはいつも通り。クミロミさまもほぼいつも通り。イツさまは、幼女バージョンとキウイバージョンの2種類を用意したところ、魔法中年さんがうまく組み合わせて2種類とも使ってくださいました!
問題は、残り2男性神。
マニさまは、まあ…ちょっと胸が露出気味なものの、マントで隠しているのでなんとか。
…オパートスさま。
完全に、アウトです。
完全に、アウトです。

(大事なことなので2回言いました)
い、一応言い訳しますと、「褐色肌のグラマー美女」に描く…という選択肢ももちろんあったのですが、やっぱりオパートスさまは仁王立ちしかないと。
やっぱりオパートスさまは色気よりも豪快さだろうと。
…オパートス信者の皆さま、本当に申し訳ありませんでした泣き顔

最後になりましたが、今回の企画に素敵な作品を投稿してくださった制作者の皆さまに、elonaファンの一人として心から感謝いたしますてれ笑顔

この記事に拍手を送る

タグ : Elona

22:00  |  雑記  |  TrackBack(0)  |  Comment(6)  |  Top↑

2012-03-14 (Wed)

*ストーリーネタ*

これ…皆から、あげる…

2012-03-11 (Sun)

ついに、人力戦車さんの新曲『MANIPULATION』が公開されました。
ついに、あのマニさまテーマソング公開です!!

MANIPULATION

ああ…あのマニさまが、こんなにもかっこいいなんて…!
曲もさることながら、歌詞の素晴らしさといったら、もう…「こんなにかっこいい機械の神がElonaにいたっけ?」というレベルですてれ笑顔
人力戦車さんファンの方も、マニさま信者の方もそうでない方も、ぜひ一度お聴きください。

この記事に拍手を送る

タグ : Elona マニ

19:35  |  その他  |  TrackBack(0)  |  Comment(12)  |  Top↑

2012-03-10 (Sat)

以前の記事でも紹介しましたが、twitterでは3月14日に「#elona家庭科部」のハッシュタグつきで、Elon関連のお菓子や小物etc.制作物の写真をアップする企画が進行中です。
興味のある方は、ぜひ一度twitterをご覧下さい。てれ笑顔

elona家庭科部ホワイトデー企画

…ちなみに私は、ちょこっと下絵を提供したり。

この記事に拍手を送る

タグ : Elona

22:54  |  その他  |  TrackBack(0)  |  Comment(6)  |  Top↑

2012-03-03 (Sat)

先日の記事で「マニの性格や顔はハウルをイメージ」という作者さまの言葉を載せましたが、気になったことがひとつ。
性格も顔もイケメンにもかかわらず、どうしてこうも信者が少ないのか。
これまで、私のマニさまのイメージは「顔は女性受けしそうな優男だけど、あまりに機械オタクオーラが漂いすぎて引かれるレベル」でした。
でも、性格もハウルなら、きっと女性に愛想を振りまくのが上手なはず。
アクリ・テオラがマニさまに恋する若い女性信者の集まるハーレムになっていてもおかしくないはず。
なのに、どうして信者が少ないのか。
自分なりに考えてみた結果を、4コマにしてみました。

私は信者が少ない

…1コマ目が前回の使いまわしですみません。
いくらマニさま推し中の私と言えども、キラキラしたマニさまを何回も描けるほど精神も腹筋も強くないのです(笑いをこらえる的な意味で)。

それはさておき、私が出した答え。
マニさまの「魂を私に捧げろ」「お前も体を機械化したらどうだ?」という言葉に応じてしまったマニ信者の皆さんは、アンドロイドや3Getマニに作りかえられてしまったのではないでしょうか。
人間から機械人形へと作りかえられた時点で「信者」のカウントから外れてしまうので、いつまで経っても信者が少ないままなのです。

アンドロイドといえば、敵から1マス以上距離を取りたがり、接近されては逃げることを繰り返す行動がたまに話題にのぼります。
この不可解な行動にも、実は理由があったのです。
マニさまを信仰するのはどういう人間か。
真っ先にあげられるのはガンナー。
マニさまの信仰ボーナスである器用・感覚は、銃を扱う者にとっては重要な能力です。
ですが、銃を使うことのない大多数の冒険者にとっては、他の神々の信仰ボーナスのほうが魅力的であり、最終信仰の対象にマニさまを選ぶことは極めて稀かと思われます。

そこで、ポイントとなるのが「マニの性格や顔はハウルをイメージ」という公式見解。
マニさまに「口説き上手で女性にモテるイケメン」という要素が追加されることによって、信仰ボーナスや固定アーティファクト以外の新たな信仰動機が生まれました。
「冒険とは縁がない生活を送っている女性」がターゲットなら、信仰ボーナスも固定アーティファクトも下僕の性能も気にすることなく、ただその顔と甘い言葉だけで信者にすることが可能なのです。
己の好みだけで信仰を選び、高い銃器を貢ぎ続けるだけの財力がある女性…恐らくは貴族の子女や大富豪の娘でしょう。
そんな彼女たちが、イケメンの囁く甘い言葉に乗せられるがまま、その身も魂も捧げ、アンドロイドへと作り変えられたと考えるなら。
自分では働く必要もなく、これまで召使いにかしずかれる生活を送っていた世間知らずの若い女性が、モンスターと戦うことなどできるはずもありません。
神の下僕としての契約に縛られているがゆえにその場から逃げ出すこともできず、モンスターから1マス距離を置きつつ、ただただ、プレイヤーが代わりに倒してくれるのを待つよりほかないのです。


…もちろん、全て私の脳内妄想ですが笑顔

2012-03-01 (Thu)

作者さまから衝撃的なマニさま情報をいただいたので、掲載いたします。

「マニ(性格とか顔とか)ってなんとなくハウルの動く城のイケメンイメージしてた記憶があります。」

……。
…………。
………えっ。

マニさまの性格や顔がハウル…。
あのマニさまの性格や顔がハウル…。
キムタクの声で「お前は最愛のシモベだ。」…(※誰もそこまでは言っていない)。

もうひとつ、マニさまの固有武器のイメージについて。

「マニはグラビティガンですね。」

マニさまにグラビティガンは確かに似合いますね。サイバーな感じがして。
…だったら信者にも、微妙性能の散弾銃じゃなくてグラビティガン寄こせよっゴルァ!!
信者に「プレミアム」という名目のポンコツ寄こしておいて、自分はかっこいい武器装備しているのか…。

そんなわけで、描いて良いものか迷いましたがお約束ということでハウルコスプレのマニさま。

ハウルコスプレのマニさま

これはひどいキャー
こう見えても、袖は通さず羽織っている状態です。
よーく見ると手が下に見えているのですが、1.5頭身の悲しさでダサいジャンパーを着ているようにしか見えません…。

ちなみに、このブログで描いているマニさまのイメージは「人付き合いが苦手で機械以外のものにあまり関心がなく、他人の感情を理解することができない青年」です。
この設定に、ハウルの「女性にモテるナルシスト気味の自信家イケメン」要素を無理やり追加して脳内でシミュレートしたところ、ちょっと猟奇的な設定になってしまいました。
そのネタについてはまた後日。

この記事に拍手を送る

タグ : Elona

21:23  |  雑記  |  TrackBack(0)  |  Comment(10)  |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。