-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-27 (Mon)

ゲーム「SKYRIM」のクエストMOD「Art of Mercy」をプレイしてどっぷりとハマってしまったので、紹介と感想。

「Art of Mercy」

Art of Mercy01

ステンダールの番人となったプレイヤーが、デイドラが絡む事件の謎を追っていくクエストです。
4エピソード+エピローグの全5話で、最初の3エピソードは独立した別の事件、EP3のラストでコールドハーバーへと舞台が移り、EP4はコールドハーバー探索と謎解きがメインとなります。
ネタバレになるので詳細は触れませんが、クエスト後半は「SKYRIM」だけでなくゲーム内書物で語られる歴史やTESシリーズ過去作品を含む物語の広がりを見せ、息もつかせぬ展開でした。
私自身は「SKYRIM」がTESシリーズ初プレイで過去作はあらすじを知っているだけという初心者ですが、TESシリーズの世界観にすっかりのめり込んでいるもので、貪るような勢いで最後まで一気にプレイしました。
後になって「あのシーンは、この書籍の内容を指していたのか…!」と気づくこともあり、クリア後にすぐもう一度プレイしたくなるクエストです。

ゲーム難易度は理不尽な難しさではないものの、単に敵を殲滅するだけでなく謎解きや状況判断が必要とされるので、脳筋真のノルド仕様な公式クエストを基準に考えると難しいほうかも知れません。
従者非対応なので、プレイヤーひとりで遠隔・近接両方の攻撃手段を持っていないと一部の戦闘がかなり苦しくなりそうです。
あと、EP3~エピローグまでは元の世界に戻れないので、回復薬・ロックピック・矢はたくさん用意しておくに越したことはないと思います。
探索や敵のドロップアイテムでも程よく必要なアイテムが入手できるので完全に詰むことはないかも知れませんが、念のため。

注意点として、一部のクエストで進行が止まることがあります。
作者様ブログのFAQ「Skyrim Mod データベース」にも不具合報告や対応策が載っていますが、ゲームを再起動したりゲーム内で待機することで進むようです。
私の場合、EP1で2回止まって上記の方法で無事に進めたものの、EP2ではクエスト進行が止まっていることに気づかず関係者をぶった斬るという脳筋真のノルドな解決法で進めてしまったおかげで、バッドエンドへの分岐と中ボス戦を丸ごと見そびれる羽目になってしまいました泣き顔
私がプレイした限りでは、EP3以降はそういう現象は起きませんでした…多分(クエストを見逃していたらどうしよう)。
余談ですが、エピローグで「…あれ?クエスト進行止まった?」と思って焦った箇所があり、見つけた時にはちょっと吹いてしまいました。
…溶け込みすぎです笑顔
※セリフなどのネタバレはありませんがエピローグの1シーンなので閲覧注意
画像

長々と書いてしまいましたが、簡単にまとめると「『モラグ・バル』という言葉の持つ意味が『モラグ・バル(威圧)』から『モラグ・バル(畏怖)』へと変わる、魅力に満ちた素晴らしいクエストMOD」です。
…すみません、デイドラ好きなのでつい。
あまりにモラグ・バルさまが素敵すぎて、このクエストをクリア後に思わずマルカルスの廃屋をリフォームするMODコールドハーバーの戦士をイメージした召喚魔法を追加するMODを入れてしまいましたてれ笑顔

マルカルス廃屋リフォーム

「Art of Mercy」は本当に、お勧めのクエストMODです。

※ネタバレを含む感想に抵抗のない方は「→続きを読む」をクリックしてください。

スポンサーサイト

この記事に拍手を送る

タグ : SKYRIM

00:20  |  その他ゲーム  |  TrackBack(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2014-10-04 (Sat)

前回の記事から約2ヶ月、「SKYRIMのメインクエスト&DLCクエスト、大半のサブクエストをクリアしたから、後は悪人系新規キャラで盗賊ギルド&闇の一党(暗殺ギルド)&裏切り・殺害系デイドラクエストをクリアするだけだー」と思っていたら、こんなにも時間が経ってしまいました。
ウィンターホールド大学クエスト(魔法系)が短かったので、他のギルドクエストも同じぐらいのボリュームだと勘違いしていましたぶるぶる
プレイ時間が450時間を超え、昨夜、盗賊ギルド&闇の一党クエストを終了したところです。
特に闇の一党クエスト後半の盛り上がりが…実に素晴らしかったです。
それまで「ターゲット以外殺さず、見つからず」な凄腕狙撃暗殺者を気取っていたのが、兵に囲まれ、惨めに追い回されながら、襲撃を受けているであろう仲間たちの元へ少しでも早く戻ろうと死に物狂いで夜の街を走り抜ける…初見プレイならではのあの感覚を、二度と味わえないのが残念なぐらいです。

プレイヤーの種族や所属ギルドでNPCの言動やサブクエストの展開が変わるので、2回目のプレイで街の人の意外な面を知ることも多く、450時間プレイしていてもいまだ新しい発見の連続です。

今後の予定ですが、SKYRIMのクエストは大体終わったので、後は、DLC「Dragonborn」ラスボスの仮面をスリ盗って素顔を拝見し、5000年近く監禁し続けているヤンデレなデイドラの元からラスボスをひっさらって寝取り(※)、LV80までレベル上げして伝説のドラゴンと黒檀の騎士を倒せばクリア…に見せかけてまだ各魔法スキル100のクエストと同胞団クエストとウェアウルフ化と吸血鬼化と内戦クエストストームクロークサイドが残っているので、…数ヶ月かかると思いますぶるぶる

私の環境だとスペックが低くて高画質テクスチャやENB、撮影用MODなど入れる余裕がなく、見栄えのいいスクショを撮る技能もないのですが、こんな感じのゲーム画面です。

スカイリムスクショ01

スカイリムスクショ02

ゲーム内容が全く伝わらないスクショですみません…ドラゴン戦などもっとかっこいいシーンを撮ることができればいいのですが泣き顔

※10/05追記 DLC「Dragonborn」ラスボス戦を終えたので感想を追加しました。DLC「Dragonborn」ラスボス戦、MOD「Miraak - Dragonborn Follower 」ネタバレに抵抗のない方は「→続きを読む」をクリックしてください。

この記事に拍手を送る

23:34  |  その他  |  TrackBack(0)  |  Comment(4)  |  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。