-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-06 (Sat)

*ストーリーネタ*

私なら、母親の値段は百億つけても安いものだがね

→続きを読む

漫画のセリフを表示する

私なら、母親の値段は百億つけても安いものだがね

1.
Pael:エーテル病が重くて抗体をいくら飲んでも効かないの…
先生(医師)! どうかお母さんを治してください
2.
BJ?:手術代は高いぞ…あんたに払えるのかい?
3.
Pael:一生かかってもどんなことをしても払います! きっと払いますとも!
4.
Lomias:それを聞きたかった(ニヤリ)

〔補足説明〕
手塚治虫の漫画「ブラック・ジャック」のパロディ。
天才無免許医師のブラック・ジャックが、さまざまな怪我や難病を治す医療漫画で、作中では、患者(やその家族)に高額な治療費を要求し、相手の覚悟の気持ちを試すようなシーンがある。
3・4コマ目のセリフ、タイトルは「ブラック・ジャック」のセリフより。

わかりにくいですが、ピノコに化けているのはロミアスが新人冒険者にけしかけるあのプチです。
ロミアスのしごきによって、どんどん性格がねじれています。
プチの本来の飼い主も、まさかこんなことになるとは思っていなかったでしょう…。

前は、この4コマ漫画のように、パエルのお母さんの病気=冒険者を騙すための仮病説だったのですが、異形化したお母さんをなおも慕い続けるけなげなパエルちゃんのほうがおいしい良い話なので、本当の病気説で描いてみました。

もしこれが男性向け同人誌ならこのあとエロな展開になるわけですが、ロミアスはちょっと性格がひねくれているだけで嘘はあまりつかないので、きっとステキな助言をくれるはずです。
「20段階目まで発症した重度のエーテル患者でも、確実に病の進行を1段階戻す手段はあるぞ。なあに…お金もかからない、誰でも簡単にできる手段さ。さあパエル、この弓を貸してやろう(ニヤリ)
お母さんの病気が治るよ! やったねパエルちゃん!
…本当にごめんなさい。
次はもっとほのぼのした話を描きます泣き顔

関連記事

この記事に拍手を送る

テーマ : イラスト - ジャンル : ゲーム

タグ : Elona 4コマ

18:28  |  4コマ漫画  |  TrackBack(0)  |  Comment(10)  |  Top↑

No.1170 | とくめい観光客

リリィと気持ちいい事は出来ないのに婦娼が気持ちいい事してるのが理不尽すぎます!
腹いせに婦娼を皆殺しにしたらガードに追っかけられるとか理不尽すぎます!
というより貴族殺してもカルマ下がらないのに婦娼殺すとカルマ下がるのが理不尽すぎます!
2010-03-06(Sat) 19:24 |  【コメント編集】

No.1171 | とくめい観光客

>きっとステキな助言をくれるはずです。
偽装結婚してエーテル抗体ゲットですねわかります。
偽装結婚で!媚薬が!遺伝子を!

バッドエンドってレベルじゃ(ry
2010-03-06(Sat) 20:13 |  【コメント編集】

No.1172 | excellkiki

パエルにげてええええええええええええ
2010-03-06(Sat) 20:31 |  【コメント編集】

No.1173 | ああああ

「エーテル抗体はカジノで稼げる」と耳打ちして
ギャンブルの世界に身をやつすことになるパエルの物語・・・みたいなものが浮かびました
で、「続きを見る」でもっと簡単な方法が出てたわけですが[笑顔]
2010-03-06(Sat) 20:37 |  【コメント編集】

No.1174 | 羽島蓮奈

ロミアスなら本当にやってくれそうです。
しかしあの病気の症状って顔が変わってるだけな気がするのは気のせいでしょうか?
つまり魅力減少・・・・それ以外にたいしたことがない気が・・・・
2010-03-06(Sat) 20:39 |  【コメント編集】

No.1175 | 七氏

さーて、今日はベイベーさんのパーティによばれるとするか
2010-03-06(Sat) 20:51 |  【コメント編集】

No.1176 | だったん@管理者(author)

>No.1170 | とくめい観光客さま
>というより貴族殺してもカルマ下がらないのに婦娼殺すとカルマ下がるのが理不尽すぎます!

貴族は街にいても役に立ちませんが、娼婦にお世話になっている市民はたくさんいるので…[苦笑]


>No.1171 | とくめい観光客さま
>偽装結婚で!媚薬が!遺伝子を!

どう見ても男性向け同人誌な展開です、本当にありがとうございました。


>excellkikiさま
>パエルにげてええええええええええええ

パエルはにげだした!
しかし(3匹のプチたちに)まわりこまれてしまった!


>ああああさま
>ギャンブルの世界に身をやつすことになるパエルの物語・・・みたいなものが浮かびました

なるほど、ブラック・ジャックだけに[笑顔]
難病の母を救うためにがんばる幼女ギャンブラーって想像すると萌えますね。


>羽島蓮奈さま
>しかしあの病気の症状って顔が変わってるだけな気がするのは気のせいでしょうか?

主人公は、目が4つあっても顔が崩れていても手から毒が滴っていても誰も気にしないのに、どうしてリリィさんは見世物扱いなんでしょうね[ぶるぶる]
でもあの顔は…エーテル病のどの症状とも違うような。


>七氏さま
>さーて、今日はベイベーさんのパーティによばれるとするか

終末週末パーティーがんばってください[笑顔]
2010-03-06(Sat) 21:45 |  【コメント編集】

No.1177 | Mint

>>羽島さん
>>だったんさん
elonaの一般人の世界観は割と中世の欧州に近いものがあります。
かの有名な魔女狩りなんかでは、一般のコミュニティーに属せない異質な人々が真っ先に処刑対象になりました。
つまり、一般のコミュニティーから外れる事は即ち存在を否定されるに等しいのです。
目が4つあって醜く爛れていれば見た目は怪物。確実にリリィは一般のコミュニティーからは排除されます。
また、「個人」の社会になるのは欧州でも近代化以降なので、この場合だと、怪物の愛娘『パエル』として、娘のパエルまた存在を否定され、コミュニティーから排除される。
唯一の特効薬も効き目なしならば、リリィには死ぬ以外にパエルを守る術は無い。
PCが例外的なだけで、NPCにとってはエーテル病にかかる事は死より恐ろしい事なのだろう。
2010-03-07(Sun) 17:22 |  【コメント編集】

No.1188 | とくめい観光客

数日放置ぎみだったけど、ちょっとパーチーの依頼受けてくる

今はマップエディタでいつでもロミアスと会えるから
わざわざパーチー行く必要もないんだけどね
2010-03-09(Tue) 23:45 |  【コメント編集】

No.1190 | だったん@管理者(author)

>No.1188 | とくめい観光客さま
>今はマップエディタでいつでもロミアスと会えるから
>わざわざパーチー行く必要もないんだけどね


マップエディタを使用するのと実際のプレイでロミアスに会うのとでは
楽しさが違いますよ[笑顔]
パーティー終了直後に、自分のすぐ近くにロミアスが潜んでいたことに
気づいたときの悔しさといったら、もう…。
2010-03-11(Thu) 06:57 |  【コメント編集】

※無記入の場合は「とくめい観光客」になります



※承認制のため、コメントは承認された後に表示されます。

  ※非公開コメントは連絡先がなければ返答できませんのでご了承ください。

→http://illara.blog17.fc2.com/tb.php/471-cde4c7f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。